一般社団法人 交通工学研究会
交通工学研究会認定TOP 交通工学研究会認定TOE

WEBによる登録・閲覧・管理システムはこちら: ◆◆  TOP/TOE CPD登録システム ◆◆
操作方法説明
CPD研鑽の一覧表はこちら: 表−3 CPDの形態と内容
詳細説明資料はこちら: TOP/TOE資格登録者の
CPD※注) 課題と達成目標に関するガイドライン
PDF全体版] [web版の目次へ

※注) CPD=継続研鑽(Continuous Professional Development)

(一社)交通工学研究会 資格制度事務局

PDFファイルを閲覧するにはAcrobat Readerが必要です 

【新着情報】 2016/07/22更新

[2016/07/22] CPD単位を申請する際に必要とされる,継続研鑽の内容を証明する書類について,規定を整備しました.また,保存期間についても,資格更新前に加え,「資格更新後1年間(資格を更新しなかった場合は登録期間満了後1年間)」としました.詳細については,ガイドラインの「6.CPD単位の継続研鑽の内容を証明する書類の扱い」および「表−3 CPDの研鑽単位と内容」の「エビデンスの保存・確認方法」 欄をご参照下さい.

[2016/04/01] 交通工学研究会が2016年4月1日より建設系CPD協議会に加盟しました.

[2015/06/12] オンラインジャーナル「交通工学論文集」の発行など,論文システムの変更に合わせ,「表-3 CPDと研鑽単位と内容」を修正しました.

[2012/03/01] 研鑽形態のA02.(1),A02.(2)はこれまでTOPにのみ認められる形態でしたが, TOP/TOEに限らず,生涯1度のみ認められるルールに変更となりました.

[2011/07/01] 資格制度の事務業務を代行業者へ委託を開始したこと,および登録資格失効後でも4年以内であれば再び資格を取得できる制度変更に伴ない,必要な修正を行いました.

[2010/07/15] TOP/TOEにおける継続研鑽(CPD)単位のWEB登録システムを開始します
[2010/07/15] TOP/TOE単位の取得方法の一覧表: 表−3 CPDの研鑽形態と内容 をリニューアルしました!


『TOP/TOE資格登録者のCPD課題と達成目標に関するガイドライン』PDF版

全体版 [約0.8MB]

章別ダウンロード 「1.はじめに」と「2.ガイドライン策定の基本的な考え方」
3.資格登録者のCPD課題と達成目標   表−3 CPDの研鑽形態と内容
4.TOE/TOPの研鑽形態モデル例
5.WEBシステム(TOP/TOE CPD登録システム)の使い方 −CPD単位の申請・取得方法−
6.CPD単位の継続研鑽の内容を証明する書類の扱い
7.登録の更新とCPD
8.CPDに関するよくある質問と回答(CPD-FAQ)

  
WEBシステム・操作方法説明書 [約4.8MB]

受講証明書・参加証明書様式[WORD]

[参考]CPDの自己記録・申請シート[EXCEL]【2010年6月版に対応】
なお,WEBシステム移行後はシステム上でご自分で管理することが原則です. WEBシステムが使えない場合のみ,このシートをご利用下さい.

  • TOP・TOE資格の登録有効期間は4年間です.
  • 資格の登録有効期間は登録証交付日(登録証記載の年月日)から有効期間満了日まで.
  • 有効期間満了日とは,試験合格以降最初の4月1日から4年後の3月31日とします.[H20年6月改正ルール]
  • 登録更新申請【有効期間満了1ヶ月前迄】資格登録情報のページ(「登録更新申込書」をダウンロード可能)

次へ(ガイドライン目次)  | ページTOPへもどる

(一社)交通工学研究会 資格制度事務局